プノンペン

 

カンボジアの首都プノンペンはまだまだ開発中。中華資本とベトナム資本がせめぎ合ってる気配がある。

キリングフィールドに行った。私が大学生の時の悲劇。惨殺のあとが色濃く残る。阪神大震災のあとのように空気が冷たく、色と音がない。怖い。

蓮の花や小鳥が仏教徒のお供え物。捕らわれた小鳥を空に放って功徳となる。

 

広告

 

台風にもメゲず日本海側に遊びにでかけました。自分が船酔いし易いことをすっかり忘れていて、難儀しました。

島の風景はとても心和むものでした。

美味しい海鮮丼も頂きました。

ごっつぉさん!

秋祭り

田舎の祭りが様変わりしている。

女の子や子供が半分。腰巻きつけた男衆がみあたらん。でもあの音が聞こえると見たくなる。沈丁花?いやいや金木犀の香りがすると太鼓台の祭りの季節だと思う。

今年はのんびり見物した。雨ばかりで残念やった。昔通った高校前のお堀に映る提灯の灯りは初めて見た。なんだか哀しい。

 

 

朝風呂

本日、第2子出産記念日。

朝、残り湯につかり窓の外を見ながらぼーっとしてる頭と心が勝手に考えた。

天はまるで苦しんでるかように涙の雨を降らせて様を変える。しっかり降る雨のあと寒い季節がやってくる。

人は重い荷物に耐えて耐えて歩いているうちに身体の中が胸まで辛苦でいっぱいになって息を肩でするようになる。顔は歯を噛み締める時間が増えて皺を刻む。意識的に表情を外して息を腹でしてみると生まれた時のようにただ幸せに近づく気もする。

 

太極か?

 

 

 

緩める

kyon流、緩める方法

顔の筋肉を落とす。

笑うと胸の中のしこりがすとんとお腹におちる。太極拳の動作中に笑うと失格なので笑うくらいに肩の胸の不要な強張りを抜くにはどうしたら良いだろう、と考えた。

口角を上げる。捨てる。息を吐く。いろいろ試すがもう一つ抜ききらない。誰かが笑うということは顔の筋肉を下に落としてない?といった。笑うって口元が上がるもんだと思っていたけど?

やってみてびっくりした。なんだか出来ている。顔を作るって偉大な効果があるんだわ。