P_20170709_192725

鰻丼たべました。ちょっと箸をつけて写真とるのを思い立ちました。愛知県の三河の鰻だそうです。

 

とーっても美味でございました。

四川

スライドショーには JavaScript が必要です。

四川省成都まで行っちゃった。

からーい食べ物だらけ。火鍋やさんに午前3時に食べに行くって、どおよ。カエルやらザリガニやら兎の頭、カモの腸、豚の脳みそやら、珍味だらけ。普通ってなあに?

その中

成都武術隊のプロ選手からレッスンしてもらった。基本功だけなんだけどね。なんだか柔らかい力強い全身集中運動やった。腕だけでは動いてない!身体の芯はしっかり、あとはつながって柔らかい。

実践の攻防がある武術の動きだった。あまりに楽しくて夢みたいだった。1ヶ月位いたら動きが変わるかなあ。

お腹を使うことと指先まで集中。

目を遠くへ飛ばす。

からくも去年米子で林老師にアドバイスされた「目線」「自信」「ふぁんそん」に尽きるかも。

習ったことを忘れないうちに練習します。明日からね~

腹を据える

決心を固める。覚悟するといった意味が本来だが本当に丹田に氣が落ちた状態をいうように思う。

太極拳では腰は肋骨と腰骨の間、ウェストの柔らかい所を指す。ここが自由に動くと柔らかいすばやい動作が可能になる。

骨盤を固めてしまったら動かない。膝を折っても動かない。首をたて肩甲骨を伸びやかに広げ落とし胸の中を落とすと腰が据わる。座るとも書ける。

座らせるのではなく最終的にすわった状態になっている。意図的に座らせようとすると固くて不自然なものになる。料理が完成までに様々な過程を通るように最後に美味しくできたらいいなあ。あとから醤油かけたりしないように!完成までの丁寧な過程が大切。だから太極拳はゆっくりなのかな。

きれいな定式も大事だけど過渡動作のほうがもっと綺麗でないとね。

なんてことを夕べ、感じた次第。

カミーノ

 

世界遺産になった日本のカミーノを歩いてきた。

良い道だった。

出会うのは海外からきた人たちが大半。

「あなたが歩きにやってきたのではなく道があなたを呼んだのだ!

と理解して感謝の意を持って身を清めてお参りして下さい。」

と民宿のあるじは言う。

私で大丈夫か?